勝田環境株式会社
本社
浄化槽管理・ゴミ・し尿収集
〒312-0032
茨城県ひたちなか市津田2554-2
TEL:029-272-2141
FAX:029-272-9948
 
RC事業所
建設系廃棄物中間処理/BDF/
産業廃棄物収集/高圧洗浄
/総合解体工事/伐採・抜根・造成
〒312-0002
茨城県ひたちなか市高野大房地1967-2
TEL:029-285-8851
FAX:029-285-8850
契約や廃棄物の処分、その他のご用命
についてはこちらへおかけ下さい。
────────────────
Google

WWW を検索
サイト内を検索
 
 
 
200514
 

イベントニュース

 
フォーム
 
BBQをしました
2012-10-12
少し肌寒いこの時期に、BBQを行いました!
(株)カツタさん、(株)バイオパワーカツタさんの皆様とお酒を飲みながら、美味しいお肉に魚介類♪そして、恒例のビンゴ大会!途中大雨が降るハプニングがありましたがとっても楽しいBBQでした☆
 
ISO14001再認証
2012-06-12
勝田環境株式会社、株式会社カツタ、株式会社バイオパワー勝田3社を統合化し、ISO14001の再認証を受けました。
 
2010年度の環境報告書を発行しました
2010-09-01
2010年度の環境報告書が発行されました!
詳しくはこちらをご覧ください。
 
環境シンポジウム―ひたちなか市の環境を良くする会
2009-02-16
 ひたちなか環境を良くする会主催による環境シンポジウムが2月26日、市民文化センターで開かれました。阿字ケ浦小、前渡小ワンネス、エコ・ひたちなかの発表のほか当社からは営業課鈴木寛海係長がタイトル「ごみのスゴミ ~資源・四源・市減~」として発表。ひたちなか市から排出される4つのごみをテーマに「燃えないごみ」からビニールをRPF化、ガラスを敷き材として再利用。解体現場から出る木くずをバイオマス燃料化。食用油をBDF化。伐採木くずを振るってできる小チップの堆肥化。と当社の事業活動を説明しました。一般家庭から出るごみをイメージして、市民にわかりやくごみ問題を伝えたかったと鈴木係長。「テーマを絞るのにどこから手をつけてよいのか苦労しました」と発表後語っていました。
 
グラスサンドを利用した遊歩道が完成
2008-11-06
RC事業部「バイオディーゼル燃料精製施設」を見学する遊歩道が11月5日に完成しました。 これは当社で選別されたガラス瓶を破砕してつくった「グラスサンド」を使用しました。
 
ひたちなか市で公用車のBDF使用が始まる
2008-10-29
廃食油を再利用するバイオディーゼル燃料(BDF)の本格利用に向けて、ひたちなか市は29日、ごみ収集車あんどの燃料としてBDFの利用を始めた。
BDFはひたちなか市民から回収され、当社の施設で精製される。
 
勝環ソフトボール部 2度目の優勝を飾る
2008-09-28
9月28日(日)六ツ野公園にて行なわれたひたちなか市秋季ソフトボール大会において勝環クリーンズが宿敵ファイターズを2対0で破り今大会2度目の優勝を果した。今度は内外ゴム旗大会での活躍が期待される。
 
2008年度の環境報告書を発行しました
2008-06-01
2008年度の環境報告書が発行されました!
詳しくはこちらをご覧ください。
 
環境保全活動事例発表会
2008-02-12
茨城県公害防止協会主催による「環境保全活動事例発表会」が2月12日茨城県市町村会館で行われた。当社から営業課の阿部幸司が参加。当社の事業活動そのものが廃棄物の3R活動「Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)」であると、当社のバイオマス発電事業を事例に発表した。
 
県民バスツアー
2008-01-29
1月29日茨城県生活環境部廃棄物対策課主催よる「県民バスツアー」による県民の方々60名が、勝環グループを見学していただきました。県ではゼロ・エミッションに向けた持続可能な循環型社会をめざしており、その一環として県内のリサイクル施設などを視察ツアーを企画したものです。
<<勝田環境株式会社>> 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2554-2 TEL:029-272-2141 FAX:029-272-9948