本文へ移動

会社概要

基本情報

■会社名勝田環境株式会社
■代表者
望月 福男、望月 徹男
■社員数159名 期間雇用を含む (令和3年9月1日 現在)
■資本金3,000万円(340株)
■事業所
【本社】
〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2554番地の2
TEL.029-272-2141 FAX.029-272-9948

【RC事業部】
〒312-0002 茨城県ひたちなか市高野大房地1967番地2
TEL.029-285-8851 FAX.029-285-8850
■設立
創業   昭和36年9月9日 勝田環境衛生事業(望月正男の個人事業)
設立   昭和53年6月6日 勝田環境有限会社 資本金500万円
組織変更 昭和61年6月7日 勝田環境株式会社 資本金3,000万円
■取締役
代表取締役社長  望月  福男 昭和61年 6月 7日就任
代表取締役副社長 望月  徹男 令和 3年 8月20日就任
常務取締役    七井  雄司 令和 1年 8月29日就任
取 締 役    望月  俊明 平成23年 8月10日就任
■業務内容
・一般廃棄物の収集運搬及び処分業務
・産業廃棄物の収集運搬及び処分業務
・浄化槽清掃及び維持管理及び浄化槽高圧洗浄業務
・受水槽及び高架水槽の清掃業務
・公共下水道及び道路等の側溝清掃業務(高圧洗浄業務)
・建設業請負業務(土木、建築、とび土工、舗装)
■設備
施設 廃棄物の中間処理施設(ひたちなか市高野RC事業部内)
建物 本社管理棟、RC事業部管理棟、中間処理施設棟、車庫
車両 作業車両105台(高圧洗浄車、路面洗浄車、廃棄物運搬車、重機等)
■取引銀行
茨城県信用組合・常陽銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・
三井住友銀行・筑波銀行・水戸信用金庫・
日本政策金融公庫・商工組合中央金庫
■所属団体
(社)茨城県産業廃棄物協会・(公)茨城県水質保全協会・(社)茨城県貯水維持管理協会
(社)茨城県トラック協会・ひたちなか市排水設備協会
(社)茨城県経営者協会・(NPO)茨城県経営品質協議会・関東木材資源リサイクル協会
■関連会社
勝田環境ホールディング株式会社

株式会社カツタ(ひたちなか市)
廃棄物の中間処理施設

株式会社バイオパワー勝田(ひたちなか市)
バイオマス発電事業所

カツタアグリ株式会社(ひたちなか市)
農業

桂ケ丘カントリークラブ(城里町)
ゴルフ場

ひたちなか・東海ハイトラスト(ひたちなか市)
クリーンセンター
■主な取引先
【国】
水戸刑務所、陸上自衛隊勝田駐屯地、日本原子力研究開発機構

【茨城県】
茨城県庁、茨城県警察本部、常陸大宮土木事務所、水戸土木事務所、那珂久慈下水道事務所、茨城県開発公社、水戸市、日立市、土浦市、石岡市、常陸太田市、高萩市、笠間市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大洗・鉾田・水戸環境衛生組合、茨城地方広域環境事務組合、湖北環境衛生組合、筑西広域市町村圏事務組合、ひたちなか東海広域事務組合、他

【東京都】
小金井市、東村山市、国分寺市

【埼玉県】
さいたま市、鴻巣市、草加市、蓮田白岡衛生組合、他

【千葉県】
流山市、柏市、野田市、鋸南地区衛生組合、他

【栃木県】
日光市、小山広域保健衛生組合

【日立製作所グループ】
日立Astemo、日立ビルシステム、 日立ハイテク、ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング、 日立リアルエステートパートナーズ、日木産業、日立物流、日立ハイテクマニファクチャ&サービス、日立パワーソリューションズ、日立プラントコンストラクション、日立プラントサービス、日和サービス

【日立製作所グループ】
日立Astemo、日立ビルシステム、 日立ハイテク、ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング、 日立リアルエステートパートナーズ、日木産業、日立物流、日立ハイテクマニファクチャ&サービス、日立パワーソリューションズ、日立プラントコンストラクション、日立プラントサービス、日和サービス

【民間業者】
フォルム、大石産業、ひたちなかファッションクルーズ、 メガドン・キホーテ、長崎屋、日本ケミコン、鹿島建設、東鉄工業、株木建設、積水ハウス、住友林業、パナソニックホームズ、三菱地所ホーム、クリナップ、水産加工業者関係(ひたちなか市)、クボタ、ネクスコ・メンテナンス関東、クボタ環境サービス、大林組、大東建託、安藤ハザマ、竹中工務店、五洋建設、NIPPO、前田建設工業、三井住友建設、ケーズホールディングス、ネツレン、東京ガスエネルギー、共和メンテナンス、JFEエンジニアリング、東京パワーテクノロジー、他ハウスメーカー各社、他建設土木関係各社、他造園業関係各社(抜粋・順不同 ・敬称略) 

会社沿革

1961年一般廃棄物・し尿の収集運搬業、浄化槽清掃業及び維持管理業を行う「勝田環境衛生事業」として創業
1978年「勝田環境有限会社」(資本金500万円)として法人化、同年に高圧力洗浄業務を開始
1986年勝田環境株式会社(代表取締役 望月 福男、資本金 1,000万円)として組織変更
1993年公益社団法人全国産業廃棄物連合会から、産業廃棄物処理業者として「優良事業所表彰」を受賞
1997年
一般・産業廃棄物中間処理会社「(株)カツタ」を(株)タクマとの合弁で設立
一般建設業(茨城県)許可取得
1998年
特別管理産業は器物収集運搬業(茨城県)許可取得
資本金を3,000万円に増資
2002年「ISO14001」の認証取得
2003年木くずのバイオマス発電施設『(株)バイオパワー勝田』を(株)タクマとの共同出資により設立
2005年バイオパワー勝田によるバイオマス発電事業を開始
2007年茨城県主催の地球フォーラムにおいて勝田環境グループが『茨城県リサイクル優良事業所』の認定を受ける
2017年勝田環境(株)RC事業部 事務所新設
2019年カツタアグリ株式会社を設立
2021年勝田環境ホールディング株式会社を設立

組織図

組織図
TOPへ戻る